FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本紹介 「レキシントンの幽霊」

今日は村上春樹さんの短編集を紹介します♪
新作の紹介のほうが需要はありそうなんですが、
ちょっと読める気がしないので……。

レキシントンの幽霊 (文春文庫)
レキシントンの幽霊 (文春文庫)村上 春樹

文藝春秋 1999-10
売り上げランキング : 11997


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

7つの短編が収録されています!
どれも独特で個性的な表現をされていますね*

「緑色の獣」が印象的だったんですが、あらすじとなると説明しにくい(>_<)
椎の木の下から、謎の獣がプロポーズにやってくるお話、かな?
ともかく7作品中では一番短く、全8ページでした(・∀・)/

読み終えると、とても不思議な感じ。
言葉では捉えがたいんですが、
いけない事と知りながら大切なものを傷つけてしまった後のような;

村上春樹入門には、うってつけの長さではないでしょうか( ̄ヘ ̄;)
主題がはっきり読み取れない代わりに、解釈の幅が広く
前回紹介した星新一さんとは、まさに対照的だと思います。

あと、こういうのは感想書きにくい!ヾ(ーー )ォィ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばにら

Author:ばにら
マイペースな20代女。
猫とヒヨコが好きです。

最新記事
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。