FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗殺教室(1巻)感想 「暗殺の時間」

気になってたんです!暗殺教室(≧▽≦)/
mina1月号と一緒に、ついに買ってしまいました♪
せっかくなので感想もupしておきます!

そもそも惹かれた理由はコレ↓

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)
松井 優征

集英社 2012-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このタイトルとカバーのギャップが(*^^*)ポッ
装丁って大事だなあと、激しく思い知らされました。

そして、内容。
表紙の顔(・Ψ・)にタコ足のような触手が何本も付いた人物(?)が
本書の最重要人物、殺せんせーです*

「初めまして 私が月を爆った犯人です
来年には地球も爆る予定です
君達の担任になったので どうぞよろしく」


こうして3年E組は、危険な超生物を殺すための
暗殺教室になってしまったのでした。
説明しきれないので、あらすじは以下のWikiリンク参照↓
「暗殺教室」

特に個人的にツボだったのは
ギャグがあったこと(ページをめくったら(゚×゚*)プッってなる所がいくつか)
・教訓?というか、伝えたいことが分かりやすかったこと
・殺せんせーが可愛い!烏丸先生がかっこいい!
の3点です。

第1話「暗殺の時間」で
「寺坂君達は渚君を 渚君は自分を大切にしなかった」

と渚君を守りながらも激怒した場面や、
第6話「二択の時間」で
「見捨てるという選択肢は先生には無い いつでも信じて飛び降りて下さい」

とカルマ君に言い切った場面も
異常なストーリーでありながら、現実世界にも通ずる教育があって
とにかく「暗殺」というワードから
敬遠して読まないのは勿体ない漫画だと思いました。

さて、そんなに漫画に関して知見は広くないのですが
感想を書いていると、解釈を加えたくなる漫画
原作をありのままに読むだけで楽しみたい漫画が出てきます。

大好き「銀魂」は前者ですが、「暗殺教室」は後者でした。
原作で作者様の意思のもとに、全てが綺麗にまとめられているので
私ごときが書けるようなことは何もありませんヾ(- -;)

ぜひ先入観なしで、その魅力を味わって頂きたいです!
と販促するぐらいしかできない☆←

でも、殺せんせーが慕われてる先生なだけに
結末がものすごく悲しいことになりそうな気はしました;

まだまだ何巻続くお話なのか分かりませんが、
今後の展開も気になるし、2巻もゲットして感想挙げたいと思います!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

気になっている漫画です。
怖いのかな?と思っていたのですが、
そういうわけでもないようですね。
読んでみようかな…。

No title

1巻がYahoo!ブックストアで無料配信していたので
読みました。

めっちゃ面白いですね!

もっとダークでシリアスなストーリーかと思っていたのですが
シリアスなんだけどコメディなんだけどシリアスですね(笑)

ここ数ヶ月で1番笑った漫画かもしれません。

先生を始めとして、生徒たちのキャラもいいし。

紹介してくださってありがとうございます。

何巻まで出てるんだろう…揃えようかな。
プロフィール

ばにら

Author:ばにら
マイペースな20代女。
猫とヒヨコが好きです。

最新記事
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。