fc2ブログ

創作小説 「優しい先生」

 都心のとある中学校に、学級崩壊を絵に描いたようなクラスがあった。
 授業を聞かない、喧嘩やいじめは日常茶飯事。加えてボヤ騒ぎや盗難など、警察沙汰のトラブルも毎月発生している。教師がいくら厳しく指導をしようとしても、生徒たちに嫌われたが最後、徹底的に反発され辞職へ追い込まれてしまう始末。二度の担任交代を重く見た学校側は、副担任制を導入することにした。

 そのクラスへ新たにやって来たのは、熱血風の中年担任と美人で若い副担任。あまりの荒んだ有様に、当然担任は喉を嗄らす。
「静かに授業を聞け!そこ、立ち歩くな!」
「すぐに殴りかかるんじゃない、話し合って解決しろ!」
「やっていいことと悪いことを考えろ!」
 口うるさい担任を、生徒たちは睨みつけ無視する。暖簾に腕押し、かと思えば背後から物を投げつけられ、またも担任が嫌われているのは明白だった。
 対して、副担任は好評である。なぜなら彼女は優しいからだ。
「つまらないかもしれないけど、ここは試験に出すからしっかり聞いてね」
 こうやって最低限の注意はするが、決して怒鳴りつけたりはしない。やんちゃな生徒も包み込むかのような柔らかい笑顔を悪く捉える者はいなかった。授業は比較的スムーズに進み、易しいテストのため落第点を取る生徒もおらず、教務部の先生は胸を撫で下ろしている。
「やっぱり優しい先生がいいよな」
 副担任がホームルームを終えると、生徒たちは口々にそう言った。褒められても得意げにせず、副担任は教室を出て行く。

 放課後は、一層生徒たちが解き放たれる時間だ。担任副担任はそれぞれ、東棟と西棟で見回りをする。長年の勘から担任はすぐに、教え子たちが隠れている場所を探し当てることができた。
 美術室横の人気のない男子トイレ。うっすらと漂う煙は、未成年が吸ってよい物ではない。
「お前ら、何してるんだ!」
 煙草をくわえ談笑していた生徒たちは、素早く担任の脇をすり抜けた。捕まえられるものなら捕まえてみろ、といった調子で階段を駆け下りていく。
 必死で追いかける担任の頭には、真っ先に心配がよぎっていた。慣れない煙草を吸った後で全力疾走なんかして、倒れたらどうする。体がきちんと成育しなかったらどうする。将来を考えれば考えるほど、担任は焦りに突き動かされる。そしてそれは、足のもつれとなって表れた。

 その頃、副担任も同じく喫煙生徒を見つけていた。
 校舎裏の木陰に座り込んだ女子たち。盛り上がっているところを、まさか斜向かいの三階の窓から眺められているとは思ってもいないのだろう。
 副担任は少しの間、そこで足を止めていた。まるで遠い異国の可哀想な子供を憐れむような、あるいは車道へ飛び出していく野良猫を見送るような眼差し。一つ瞬きをして、逆方向へ巡回を続ける。
 教師の仕事とは本来、勉強を教えることだ。その責務はきちんと果たしている。自ら厄介事に首を突っ込むなんて、まったく非効率で不必要な愚行ではないか。
 指定ルートを通って職員室へ戻ると、先生たちが青い顔で頭を抱えていた。副担任の嫌な予感は的中し、救急車のサイレンが次第に近づいてくる。

「たいへん残念な話ですが、担任の先生は入院のため、しばらく休職なさいます」
 朝礼の後、学年主任が事務的にそう伝えると、生徒たちは喜びの雄叫びをあげた。
「担任がいなくなったら、副担任が担任になるんだよね?」
「ラッキー、俺ずっとそうなればいいのにって祈ってた」
「それ、呪ってたの間違いでしょ」
 こだまする歓声は副担任を快く迎え入れている。そう、優しい先生を。

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

創作小説 「死刑囚」

 澄んだ初冬の晴天に、群れをなした鳥達の影。旋回したその教会塔を下れば、町一番の市場広場が広がる。普段は馬車の行き交う空間が、今日は人で埋め尽くされていた。
 中央めがけて飛び交うのは、小石や酒瓶という異様な光景。まるで祭りのような賑わいの、メインイベントは公開処刑だ。

「悪人に死の制裁を!」
 野次馬の一人が拳を突き上げたために、男は周囲と肩をぶつけた。面白半分で人混みに来たことを悔やみつつ、なお処刑台上の晒し者を見てみようとする。
「容赦はいらねえ、やっちまえ!」
 眼前にあった禿げ頭が動いて、死刑囚の靴がちらりと覗いた。男は何度か瞬いて、自分の足元に視線を落とす。
 よく似た焦げ茶色の靴。
 そういえば、と男は思い出した。この靴を買った店の向かいにあったのが、強盗殺人に遭った富豪の家だったっけ。おぼろげな記憶を辿ってみれば、確かに立派な門構えの家だった気がする。なけなしの金をはたいて靴を買い、腹を空かせていたところへ漂ってきた美酒佳肴の香り。半円窓の向こうに一瞬、男も嫉妬と憎悪を感じた。
 だからといって、犯罪者に同情する訳ではない。右に倣って、男は小石を拾い上げる。

「本当、本当に気の迷いだったんだ!」
 助けを求める死刑囚の声は、虚しく民衆をすり抜けた。鼠を前にした猫のように、ただ攻撃に集中する人々。男も真似ようと試みるが、甲高く響く耳鳴りのせいで、いまいち狙いが定まらない。
 気の迷い、きっとそうだったんだろう。富豪の家の軒先で、立ち尽くしていた自分も気持ちは分かる。壁一枚隔てた先に、満腹になれる食事と暖かいベッド、数日では消えぬ貯えがあるのだ。抑えきれない衝動が、男の背を押していた。
 息を殺して、そっと裏口へ回り込む。指先に触れる、木の扉。
 しかし、男はそこまでだった。ちょうど教会塔の鐘が鳴ったのである。けたたましい音に背筋を震わせた男は、なんちゃってね、と踵を返していた。

「この屑野郎、死んで詫びろよ!」
 隣の野次馬の罵声で、男はハッと我に返った。周囲の熱気はエスカレートしていて、いつのまにか皆が死刑囚に物をぶつけている。
 男は頬に伝う汗を拭い、改めて小石を握りしめた。躊躇う必要などあるものか。耳鳴りを断ち切るように力強く、男は手の内のそれを死刑囚の方へ投げつける。

 小石の軌道を避け、徐々に人波が割れていく。
 死刑囚の靴しか捉えられていなかった瞳に、映り込む足、服、腕、首、男と瓜二つの顔。
 額に向かって飛ぶ小石を、遮るものは何もない。速まる鼓動を感じながら、男は思わず目を瞑った。

 さて、あの時もしも鐘が鳴っていなかったら?

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

創作小説 「煩悩」

 大晦日の朧な月明かりが、家々の窓辺に優しく降り注いでいる頃。
「今年もダメだったなあ」
 部屋の大掃除を終え、リビングのこたつに足を突っ込んだ少女は、ため息まじりに独り言を零した。目の前にあるのは、数冊の日記帳。今年のリボン柄を上にして、昨年、一昨年のものが積み重ねられている。これらは、どれも先程掃除中に発掘した負の遺産である。
 アルバムや手紙、日記帳の類というのは広げたが最後、掃除が中断されることを少女は理解していた。ゆえに、全てを済ませた後こたつへ持ち越して来たのだが、どうやら余計な心配だったらしい。
 というのも、中身は全て一月三日で終了していたのである。
「そういえば毎年、来年は毎日日記をつけるって言ったかも」
 母との約束を思い出した少女の顔には、反省と微かな恐怖の色。今まで粗末にしていたこと、見つかったらきっと怒られる。何より、少女は自分の飽き性に気付くのが遅かった。
 傍らのビニール袋から、昨日ねだって買ってもらった来年の日記帳を取り出す。
「どうしよう……」
 如何にして全てのページを埋めるか。難題に幼い頭を悩ませながら、少女は蜜柑を頬張っていた。

 キッチンの掃除を終えた母は、ようやくリビングの娘に目を留めた。何やら一生懸命に考え込んでいるようだ。
「部屋の掃除は終わったの?」
 背後から声をかければ、小柄な体がビクッと震える。
「終わったよ」
 平静を取り繕ったところで、母にはお見通しである。こたつの上に並んだ新品同然の日記帳を見て、おおよそ察しはついた。
「日記帳、自分で欲しいって言ったんだから、大事に使いなさいよ」
 立て続けの小言に、少女は顔をしかめる。
「分かってる。あーあ、お母さんも手伝ってくれたらいいのに」
「日記帳なんてどうやって手伝うの」
 母が半笑いで切り返すと、突然少女は瞳を輝かせた。残り一房だった蜜柑を口に放り込んで、意気揚々と立ち上がる。
「そうだ、いいこと思いついちゃった!」
 娘の言ういいことが、本当に良い事であった試しはない。それでも一応、なあに、と問いかけてみる。少女は鼻高々に、現状打破の得策を披露した。
「来年は、交換日記にすることね。約束!」
 開戦の合図のように、鳴り響く除夜の鐘。目を丸くする母。瞬く間に夜は更けて、月は初日の出に霞んだ。

 一月一日。早速少女は丁寧に日記をつけて、母に手渡す。
 お母さんだって忙しいのよ、と言いつつ応じてしまうところが、子供好きの母の性分。もう交換日記なんてしたくなる年頃になったのね、と感慨深い面持ちで、拙い文字を読んでいく。
 一方、少女も母との交換日記に予想外のやりがいを感じていた。返された日記帳に目を通しては、今日は何を書こうかと心躍らせる。美味しかったメニュー、お菓子、何をして遊んだか、今好きな歌やテレビ番組……。この調子なら、ずっと楽しく書き続けられるだろう。少女は自分の妙案に拍手を送りたいほどであった。
 しかし、冬休みが終わり二月に入ると、少しずつ状況は変化する。
「お母さん、一日止めちゃったけど、はいどうぞ」
「忙しくてあんまり書けなかったけど、とりあえず返すわね」
 時々間の空く交換日記には、白い行が目立ち始めていた。さらに、片方が止めていた日数分ぐらい休んでもいいか、相対的にこれだけ書けば十分か、と怠けの連鎖が起こるからタチが悪い。
 二日さぼっていたのが三日に、三日が一週間に、交換日記を始めて三か月経った頃には、すっかり交換されることの方が稀なんて始末である。
 それでも、やはり相手の存在は大きい。
「最近日記貰ってないけど、ちゃんと書いてるの?」
「いつまで持ってるの、お母さん。早く返してよ」
 催促があれば、そうだ書こうという気にもなる。昨年までは三日坊主だったのだから、曲がりなりにも続いている事実が少女にとっては誇らしかった。
あたし、もしかして大発見をしちゃったのかな。
 継続は力なり、と朝礼で熱弁を奮う校長先生を、少女はフフンと見上げる。先生にも教えてあげたい、継続させる秘訣をね。

 時は流れ、日は沈み、今年も大晦日が巡ってきた。
 こたつで蜜柑の皮をむきながら、母娘は揃ってテレビを見ている。年忘れがテーマのバラエティ番組を、面白おかしく盛り上げる若手芸人達。
「結局今年も彼女でけへんかったなあ」
「お前、毎年それ言うとるやないかい!」
 観客と同じく笑いつつ、少女と母は胸に引っかかるものを感じていた。いつのまにか催促も消え、交換日記は暗黙の禁句になり、存在すら忘れられた哀れな日記帳。現在の行方を知る者は、誰もいない。
「あたし決めた、来年は彼氏つくるよ」
「まだ早いでしょう」
 すぐ感化されるんだから、と母は残り一つの蜜柑に手を伸ばす。
「私は来年こそ痩せなくちゃ」
「それこそ無理だよ」
 互いに目標を否定されながら、内心決意の炎は燃え上がっている。来年こそは、必ず。ちょうど打ち鳴らされた除夜の鐘は、まるでタライを頭に落としたような音であった。

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

創作小説 「願い事」

 中学二年生の時、彼は病にかかっていた。いわゆる中二病。しかも、かなり重度の患者だ。
 私がそのことに気づいたのは、林間学校のキャンプファイヤーの時だった。普段は見られないような、満天の星空。流れ星だ、という誰かの声を皮切りに、皆が願い事を唱え始める。
 部活の大会で優勝できますように。成績が上がりますように。女子ははしゃぎ、男子はネタに走る。特に思い浮かばなかった私は、家族みんなが幸せに過ごせますように、とだけ呟いて、終礼場所に並ぼうとしていた。彼に鼻で笑われるまでは。
「フッ、まるでくだらないな」
 背後から聞こえた声に振り向くと、彼がやれやれと肩をすくめている。馬鹿にされた私は、睨みつけながら彼にも願い事を尋ねた。
 彼はさらに額に手をあて、困ったものだ、なんて顔をする。
「この世界を救うには、僕が願わなければならないようだ。太陽系の破滅、そして再生。多くの犠牲を払うことになるが、闇からまた光は生まれる……」
 そこまで話して、喋り過ぎたとばかりに口を手で覆う。凍りついた空気を溶かすように、スピーカーから流れだす『蛍の光』。集合、解散、すれ違いざまにも、私は彼と目を合わせなかった。

 高校二年生の時、彼は再び病にかかっていた。いわゆる高二病。しかも、かなり重度の患者だ。
 私がそのことに気づいたのは、彼と同じ軽音楽部で七夕パーティーを開いた時だった。部長と副部長が持ち込んだ笹に、画用紙の短冊を吊るしていく。願い事、といえば当然私はあの悪夢を思い出す訳で、そっと彼の短冊を覗きこんだ。
 だらしなく制服を着て、イヤホンを耳に当てたままの彼。随分大きくなった背中越しに、見えた願い事は相変わらず。
「魂の歌が、日本中に届きますように」
 思わず吹き出した私を、彼は鋭い目つきで咎めた。イヤホンを外し、気怠そうにつけ加える。
「俺、音楽で食っていくつもりだから。今に日本中に届くから、俺の魂の歌」
 大真面目に宣言して、ゲーム機を取り出す。間もなく、勢いよく乗り込んできた生活指導主任。途端にしどろもどろの彼を差し置き、私は複雑な気持ちでいた。

 大学二年生の時、また彼は病にかかっていた。いわゆる大二病。しかも、かなり重度の患者だ。
 私がそのことに気づいたのは、付き合い始めてすぐだった。腐れ縁だった変人が、いつのまにか気になっていたと、思い知ったのは卒業してからだ。しばらくぶりに連絡を取り、二つ返事で付き合いが決まり、成人式前の正月にはデートで初詣に行った。
 長い参拝待ちの列で、彼はやたらと喋っていた。酒の話、洋楽の話、政治の話。金髪にピアス、明るく続ける彼の隣で、私はただ黙っている。
 ようやく順番がまわってきて、彼はガラガラと鈴を鳴らした。
「景気が回復して、就職もちゃんと決まりますように!」
 終始おどけた調子で、どこまで本気なのか分からない。不安と緊張を抱えながら、私も願い事を口にする。
「この人と、ずっと一緒にいられますように」
 消える賑やかな人の声。時が止まってしまったかのように、彼は固まった。
 やはり、重い女と感じただろうか。後悔に胸を詰まらせ、うつむいていると、もう一度ガラガラと鈴が揺れた。
「さっきのは、取り消し。俺も今のでお願いします」

 あれから、長い月日が流れた。結婚、出産、共に歩んできたのはありふれた人生。
 息子が小学二年生の今、またまた彼は病にかかっている。いわゆる癌。しかも、かなり重度の患者だ。
 緊急入院と告げられるまで、私はそのことに気づかなかった。クリスマス間際の年の暮れ、簡素なツリーが飾られた個室に、痩せた彼が横たわっている。息子は外で貰ってきたらしい星の飾りを広げて、サインペンを取り出した。
 幼い瞳は一大イベントを前に輝いている。キュッキュッと小さな手が綴っていく文字は、希望に満ち溢れた願い事。サッカー選手になれますように。パイロットになれますように。お医者さんになれますように。金色の大きな星飾りには、世界をすくえますように、と聞き覚えのある文句まで書かれている。
 ふと手を止めた息子は顔を上げ、彼にも願い事を尋ねた。彼は少し考えてから、折れそうな上半身を起こす。
「……家族みんなが幸せに過ごせますように、かな」
 正確に時を刻む針の音。ネオンが彩る窓の向こうを、走り過ぎていく電車。
 フツーすぎるよ、と頬を膨らませた息子にも、いつか分かる日が来るのだろう。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

創作小説 「アート」

 僕は生まれつき、口が利けない。
 だから、言葉の代わりになる伝達手段が必要だった。絵や彫刻や、粘土細工、音楽、映像、写真まで。僕は芸術と呼ばれる全てのもので、気持ちを表そうとした。

 初めて筆で絵を描いたあの日は、たしか僕の誕生日。
 こんな子を外へ出すのは恥ずかしい、と暴力をふるう母に、二人でバースデーケーキを囲む絵を描いて見せた。
 その瞬間の驚いた顔は、今でも忘れない。
「アンタ、やればできるじゃない!ちゃんと遠近法掴んでるし、人体のバランスにも狂いがないわ」
 意味はよく分からなかったが、初めて褒められたことぐらいは分かる。僕はただ嬉しくて、それから夢中で作品を作った。プレゼントしたはずの作品はいつも、賞金が出るコンクールに飾られていたけれど。

 金持ちになり通えるようになった学校で、恋した一人の女の子。
 口の利けない僕には見向きもしなかったが、ピアノに想いを託して弾いてみると、向こうから声をかけてきてくれた。
「凄いね!即興でこんな超絶技巧が出来る人、なかなかいないよ」
 女の子は僕を知り合いの指揮者に紹介して、あれよあれよという間に演奏会のステージへ上がらせた。僕が彼女のためだけに作った曲は、拍手喝采を受け脚光を浴びる。

 どうして、僕の気持ちは伝わらないのだろう。
 芸術の神様などとメディアで取り上げられながら、僕は闇夜の写真ばかり撮るようになっていた。何も写っていない、真っ黒な写真だ。
 しかし、ファンや評論家には絶賛された。
「以前のような若々しくて明るい作品も魅力的ですが、近年の作品には深みを感じます」
「これぞ芸術の神髄!」
「ピカソの絵と同じですよ。心得のない人には名作も駄作に見えるものです」
 僕が作ったとさえあれば、泥団子も高尚な作品の一つになる。誕生日が何度か過ぎて、作品の数ばかりが増えていく。

 僕はやっと、唯一の方法に辿り着いた。
 展示会の最中、真っ白な壁と作品と観客の前で、毒薬を全て飲み干す。
 朦朧とする意識。駆け寄ってくる観客。最期に僕は伝えられたのだろう。作品ではなく、僕自身を見てほしいという気持ちを。
 周りの観客は泣いたり叫んだりしている。苦しみと共に満足感を味わっていると、あちこちからカメラのシャッター音が聞こえてきた。
「なんて斬新なアートなんだ!ああ、最高に美しいよ」

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばにら

Author:ばにら
マイペースな20代女。
猫とヒヨコが好きです。

最新記事
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR